風景写真っていったいいくらで売れるの?

つくも神「7.8億円ぐらいよ」

ヒガシーサーはっ?」

つくも神「一枚の写真が7.8億円で売れるのよ」

史上最も高額で売れた写真は、風景写真の巨匠「ピーター・リック」のこの写真です。

“Phantom” と名付けられたこの写真は、グランドキャニオンのアンテロープで撮影された写真。まっ有名な場所ですよね。つまり沢山の人が同じような写真を撮っているはず。それでも「ピーター・リック」が撮影した写真は7.8億円の値がついたそうです。

すごい。

ピーター・リックのカメラは?

peaterlik

こういう写真を撮るためには…やっぱり機材が気になりますよねー。ピーターリックさんが使用しているカメラは、主にフイルムカメラのようですね。大判なのかな?

ちょっとよく分かりませんが、デジタル一眼レフではないみたいですね。もちろんデジタルも使うだろうけど。

ワイキキ・ビーチウォークのギャラリーで見てきた

peaterlik

まだ全然写真に詳しくなかった頃ですが、ワイキキ・ビーチ・ウォークの「ピーター・リック ギャラリー」を見ていました。
あの頃は「こんなCGっぽい写真も売れるんだねー」ぐらいにしか思ってなかったんだけど、全然CGじゃなかったんですね。

ってことを思い出すと…すごすぎる。あれって純粋な写真なんだ…。

写真上達は良い写真を見ること

クラーク・リトル、ピーター・リック…ボクのなかではこのお二人の写真はとても特別なものです。なんとか頑張ったら撮れる写真と、どう頑張っても撮れなさそうな写真ってありますよね。

それでも素人なりに、彼らの写真を真似ることってとても大事なんだと思う。ボクはクラーク・リトルさんの写真に憧れて、ワイキキでこんなGoPro写真を撮りました。何度もチューブにぶっ飛ばされながら撮った写真です。

gopro

沖縄でも何度も挑戦していますが、この写真のようにキレイにチューブに収まる波には出会えてません。この写真を偶然撮れてから写真を本格的に始めたので、やっぱり真似るってのは大事。

まとめ

さすがに7.8億円の写真は想像できませんが、ピーター・リックさんの写真は見るだけでも価値があります。Youtubeチャンネルもあるようなので、風景写真のベンチマークにどうぞ。

Peter Lik USA – Fine Art Photographer and Luxury Photography