RAW、ARW、NEFの違いは?

ネコ

こんにちはライターの猫です。

一眼レフの画像はファイル形式で、まずRAWとJPEGに分類できます。RAWとはJPEGになる前の状態で、加工されていない生データと思ってください。写真データを鑑賞したり加工したりするためには、専用のソフトが必要になります。JPEGはデジタルデータに圧縮されているのが特徴で、RAWと比較するとデータは軽めです。RAWの場合、拡張子はメーカーによって異なります。NEFはNikonで使われる拡張子、ARWはSonyの機種で用いられる拡張子と考えましょう。

RAW現像とは?

画像ファイル化されていない段階のRAWファイルで、画像ファイル化することをRAW現像といいます。画像ファイル化するためには、パソコンを使って処理をするのが一般的です。パソコンを使ってRAW現像をして、JPEGファイルに変換するわけです。RAW現像を行うためには、現像ソフトを準備しないといけません。カメラに付属しているものか、市販のソフトを購入することになります。カメラに付属しているものはメーカー間の互換性がないため、ほかのメーカーのカメラを使った現像ができません。ただし最近の機種の中には、カメラだけで手動によるRAW現像できるものも出てきています。

RAW現像のメリットは?

RAW現像のメリットとして大きいのは、いくら加工しても画像そのものがなかなか劣化しないところです。その他にも、自由自在にあとから加工できるところもメリットといえます。明るさやホワイトバランス、露出、彩度などを加工できます。このため、多少現地でも写真撮影に失敗したとしても、現像するときにリカバリーできるわけです。

RAW現像のデメリットは?

RAW現像の場合、データを切り捨てることができません。そのままの状態で保存せざるを得なくなり、どうしてもファイルサイズは大きくなってしまいます。最近はHDDもメモリーカードも大容量化が進んでいるため、データが収まりきらないなどの不具合はなくなっています。しかしサイズの大きいRAW画像を取り込むと、書き込み速度が低下するなどの不具合の生じる可能性はあります。

まとめ

RAW現像は、後々加工するときには大変重宝するファイル形式といえます。しかしデータが大きいですから、パソコンは最新機種のものを準備した方がいいでしょう。古いパソコンだと処理に手間取り、大きなストレスになる恐れもあるからです。RAW現像ソフトは、基本的に動作が重たいと思ってください。