悩みに悩み抜いて1ヶ月、結局 SONY RX100 をポチったというしょうもない雑記です。

Screen Shot 2013-03-06 16.39.35

先月、静岡旅行に行った際に、一眼レフの重さが気になりました。それから RX-1 やら DP1 やらコンデジの最高峰を「買うべか?買わざるべか?」と悩んだあげく・・・結局「現行のコンデジで最高」との評価が多い「Sony RX100」を購入する事にしました。

なぜデジタル一眼レフやミラーレスではなくてコンデジか?

はい、そうですね。昨今のカメラ事情を見ると「デジタル一眼レフ」「ミラーレス一眼」「高級コンデジ」が市場のブームであり、一眼レフに至っては「フルサイズ合戦」が始まっております。

 

そんななか、1インチセンサーと言われる「APS-Cよりは小さいけれど、一般的なコンデジよりは大きいセンサー」を搭載し、空気まで写すと言われるカール・ツァイス社の専用レンズを搭載。価格.comではプロダクトアワード金賞を受賞したコンデジ「SONY RX100」に惹かれたのはその「デザインとコンパクトさ」です。

 

小型のボディと「洗練を突き詰めれば簡潔になる」と言わんばかりのデザイン。さらにF1.8の明るいレンズを採用しながらもコンデジらしくズームもできる。

 

もう、コンデジでは完全に異端児のモノなんです。

 

旅行用にと目論む

一眼レフはAPS-Cセンサーを搭載したエントリー機でも、軽くて500g近くあります。しかもその大きさたるや・・・かさ張るたるやいなや・・・旅行に持っていくとしたら、多大なるストレスが加算される事を先月の静岡旅行で実感しました。

 

子連れ、ノマドワーカーとなると総じて荷物が増えるのに、一眼レフまで持ち歩くとなると、「夜逃げですか?」という状態に・・・

 

軽量だけで言えば ミラーレスも魅力的だけど、レンズがどうしてもかさ張りますもんね。却下!

 

というわけでRX100は、旅行や出張用と割り切って使用するために購入しました。

 

マイクロUSBで充電できるメリット

来月から2ヶ月ハワイに家族を連れて仕事&旅行で行ってきますが、そのお供としてRX100を持っていきたいと思います。

 

RX100は小さく軽いの他に、充電がマイクロUSBでできるというメリットがあります。つまり Mac book air から充電できるので充電用のアダプタが必要ないということ。

 

これで荷物が一個減りました。

 

さらに、交換レンズも必要ありませんからカバンにもすっぽり入る。

 

さらに荷物が2つ減ります。

 

旅行の時に荷物が1つ減ると「幸せが1つ増える」ことに繋がると思っているので、すでに3つの幸せが僕に舞い込んできた。ありがとう!

これで安心してハワイに挑めるというもの!

 

まとめ

まだ届いていないのに偉そうな事言うな!という結論に至りましたw

というわけで発売から約10ヶ月も経ってしまったRX100を今から楽しみに待っています。

 

SONY Cyber-shot RX100 2020万/光学x3.6/ブラック
ソニー (2012-06-15)
売り上げランキング: 279