初代RX100のインパクトを覚えているユーザーとして、RX100M5を絶賛するつもりはない!そのつもりだった・・・。

2016年11月22日時点で実売110,000万円前後のけしからん価格で販売されている RX100V のレビュー1本目。

最強コンデジの名をほしいままにしているRX100シリーズの最新機種は、高速AF、4K動画、スーパースローモーション動画撮影、EVF内蔵、バウンス可能なフラッシュ搭載、24-70mm F1.8〜F2.8 の明るいツァイスレンズ。

正直言ってスペックはもうお腹いっぱいだ。

私はこのスペック戦争に終止符を打つべく、最強コンデジと呼び声の高い RX100M5 の真価をぶった切ってやろうと思っている。

コラ RX100V 準備はいいか?

※みんぽすモノフェローズよりお借りしてレビューをしています。

このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

RX100M5は重い

rx100m5

このブログは初代RX100を2012年に使ってからカメラブログになった。

言ってしまえばRX100のおかげでブロガーとして生きていけてると言っても過言ではない。そのため並々ならぬ思いがこのシリーズにはあるのだが、RX100M5は初代RX100よりも重くなり、奥行きもわずか数ミリだけど大きくなった。

その違いは手にした瞬間に思う。ずっしりと重量を感じるし、ジーンズのポケットに入れたときにも感じる。

RX100M5重いわ。

コンデジ11万たっけー

rx100v

私は過去にRX100Vの価格は妥当と記事にした。性能やこのカメラでできることを考えるとそれは正しい。

参考記事:SONY RX100M5 実売12万円の価値はあるのか?その凄さを動画で見たら笑うしかなかった

でも一般ピーポーに聞くとそれは高い。

いや5万でも高いよという感覚がある。

初代RX100の「一眼レフはちょっとハードルが高いけど、5万円で買える高級コンデジなら使いたい!」と思わせてくれた価格設定とは随分と違う。

レンズ性能は確かに素晴らしいがオールマイティには使えない

rx100m5

24-70mmは広角側が素晴らしい。それはもうほんとに素晴らしい。

通常のコンデジは28mmスタートがほとんどだし、初代RX100もそうだった。それと比べると素晴らしいレンズ性能アップだ。

けどやっぱり望遠が足りない。

コンデジとして考えるならやっぱり100mm前後は必要だ。わがままなのは分かっている、分かっているけど100mmまであれば御の字。

正直な感想

RX100V はRX100シリーズの最新機種である。

しかし私が愛した RX100 とはちょっと気色が違う。RX100M4の頃からこのシリーズは完全に別物になってしまった感がある。

主観で申し訳ないけど私はそう感じている。

・・・ではここからはRX100Vを使ってみて私が思うところを書くことにする。

RX100V 動画レビュー

まずは動画をご覧ください。

・・・楽しすぎてネガコメ無理。このカメラを体験したすべての人が感じるだろう。

RX100M5の高速AFとスマイルシャッターは一度使ってみるべし

rx100v

最近のカメラには顔検出/スマイルシャッターという機能がある。レンズに向かって微笑むと写真が自動で撮れるという機能だ。

別に珍しい機能ではない。

RX100Vにはソニーの一眼カメラα6500にも採用されているファストハイブリッド式AFが使える。一眼カメラの大きなアドバンテージだった高速オートフォーカス(ピントを合わせる速度)をコンデジに採用しちゃった。

それは勇気ある一歩。

その高速オートフォーカスのおかげで・・・スマイルシャッターが異次元の使い心地になっていた。

これマジで感動するから絶対使って欲しい。

4K動画とスーパースローモーション

RX100シリーズはM4から動画性能を高めてきていて、動画にシフトしたと言ってもいいくらいに感じている。

もちろんRX100M4時点で最高シャッタースピードを1/32000秒(電子シャッター)に進化させたのは写真性能も手を抜いていない証拠ではある。※RX100M3までは1/2000秒が限界(RX100Vもメカシャッターは1/2000秒

写真性能も向上しているが、一般ユーザーにとって嬉しいのは動画性能の強化だろう。1インチセンサーを搭載しているコンデジの中で、40倍スーパースローモーション動画、4K動画を撮影できるのは唯一RX100シリーズだけである。

動画なんて使わねーよって人にとってRX100M5は高すぎるカメラだけど、動画も撮ってSNSにアップする時代のニーズを製品化してる点は素晴らしい。

スペックや動画の質もすごいが、5軸手ブレ補正を使えて、コンパクトと性能を両立させたRX100Vの手軽さは異常値と言える。

もはや異常。

フルオートでいい?

rx100

先程の動画を見てもらえれば分かる通り、もはや設定をいちいち変えて撮る必要もないほどRX100Vはなんでも撮れる。

正直なこと言うと、機能がてんこ盛り過ぎるし設定メニューも多すぎるし、専門用語も多いのでカメラに詳しい私でも全然使いこなせないだろうなと思っている。

その変わり高速オートフォーカスなどの機能が「誰でもフルオートでも思い通り」に撮れるカメラになっている。

私は一番そこに魅力を感じた。

テクノロジーは難しいことを誰でも簡単にできるようになることが進化だ。スペックにこだわっても、設定が難しすぎたり、使いこなせなかったりするならテクノロジーが進化したとは思わない。

RX100V はコンデジでありながら誰でも簡単に動いてる被写体を追えるようになった。

全くの素人でもレンズに向かって微笑むだけで自撮りができる。

最高じゃないか・・・なんてフレンドリーなカメラなんだろう。価格以外は。

オートフォーカスにカメラの未来を感じた

RX100Vはソニーさんの広告、メディアのレビューを見てもちょっと誇張しすぎなんじゃないか?と心配になるほどオートフォーカス推しがある。

正直に言うとコンデジを買う層にとってオートフォーカスはそれほど大きな関心ごとではない。

それにいくらRX100Vのオートフォーカスが早くなったとしても、α6000シリーズに採用されているのと体感的には変わらないだろう。

・・・と私は思っていた。

しかし実際にポケットに収まる高性能カメラを使ってみると、その浅はかな考えが間違っていたことに気づく。

コンデジに一眼並みのAF速度が載っかる衝撃

rx100v

初代RX100はコンデジなのに写真も動画も一眼レベル!ということで多くの一眼レフユーザーが飛びついた。私もその一人だったし、実際に2ヶ月滞在したハワイ旅行では一眼レフを沖縄においてRX100だけで滞在した。

参考記事:一眼レフユーザーが 高級コンデジ ソニー RX100 を購入するまでの経緯

そのインパクトはとても大きかった。だからRX100〜RX100M4までは、スペックが進化しただけのRX100という印象しか持っていなかったのだ。

RX100Vは全くの別物。このカメラはこれまでの RX100 ではないし、少なくても私が知っているカメラではないのだ。

編集長

「RX100Vを使うと失敗写真がなくなった。」

ツキさん

「それどういうことか分かってる?

絶賛するつもりも誇張もない。

私はブロガーだし愛用カメラを絶賛するだけの軟弱ブロガーでもない。いいものは良いと言うし、悪いものには悪いと言う。それがブロガーとしての役目だ。

RX100V を絶賛するつもりはサラサラない。高いし。

メニューの覚えやすさ、てんこ盛りな機能、そして異次元のオートフォーカス体験。これが一眼カメラならなんの驚きも感動もないけど、RX100Vはポケットに収まる。

ポケットに収まるコンデジが最速のオートフォーカスを手に入れると・・・こんなにも素晴らしい体験ができるとは想像すらしなかった。

日常使いにますます一眼が必要なくなる

rx100m5

私は iPhone 7 Plus を絶賛している。日常使いであれば写真も動画もiPhoneで十分だとブログでも書いている。

それは今でも揺るぎないが、RX100Vがあればとっておきの瞬間にすら一眼カメラは必要ない。

子どもたちの運動会、スポーツイベント、ネコや動物の写真など、とりあえず高速連写にしてシャッターボタンを押し続ければ勝手に最高の1枚を抑えてくれる。そしてポケットに収まる。

そんなカメラは今までになかった。

レンズの焦点距離こそ短いものの、細かい設定もAFエリアの設定も必要ない。フルオートでただシャッターボタンを押し続ければいい。

なんだコレ。まじかよ。

悪い面もいい面もあるけど、やっぱり妥当な価格

rx100m5

RX100V は 初代RX100 と比べて悪くなったところもある。それはユーザーとして正直に感じていることだ。

その代わりカメラの性能は信じられないくらいにフレンドリー(使いやすい)になった。

動画に力を入れたり、自撮りをしやすくするなど、ちゃんと時代に合った進化をしているところも見逃せない。

まだ触って数日しか経っていないけど、RX100M5は良い面も悪い面もあるカメラ。ただし・・・使ってみるとそんなデメリットなんてぶっ飛ばしちゃうような使いやすさと楽しさがある。

ファーストインプレッションで感じた結論

編集長

ただただ楽しい。夢中になる。

ミー

これ欲しい!

夫がすごいすごいとつぶやく横で、妻はこれだったら欲しいと連呼する。価格を言うとドン引きしてたが、それでもコレなら許すとまで言っていた。

初代RX100は高級コンデジという市場を生み出した歴史あるカメラだ。その最新作である RX100V はコンデジのフレンドリーさを追求していると思う。

絶賛するつもりも、誇張するつもりもないけど・・・

コレすごいカメラだ。

こちらの記事もおすすめです