東京ディズニーリゾートにはディズニーホテル、オフィシャルホテル、パートナーホテル、グッドネイバーホテルなどがあります。

TDLのディズニーホテルにはディズニーランドホテル、ディズニーアンバサダーホテル、東京ディズニーシー・ホテル ミラコスタ、東京ディズニーセレブレーションホテル(2016年6月1日オープン)の4つがあって、僕たちは ディズニーランドホテル に3泊してきました。

今回は子連れでディズニーランドホテルに泊まるメリットとデメリットをまとめていきます。

ディズニーホテルってどうなの?

ディズニーホテル

我が家は2歳と3歳の子どもがいるので、まず小さい子供連れという条件で選ぶことになります。ディズニーホテルのメリットは父親的には「近いこと」が一番のメリット。

歩いて行けて、歩いて帰れる。これに勝るメリットはありません。

編集長

男は合理的に動かないとストレスが溜まるのだ」

女性目線で考えると内装や作りの美しさ。そこに泊まれることで得られる高揚感があると思います。ウチの妻と母は大喜び。ちなみに娘も大喜びでした。

ミー

「女は旦那の態度がストレスになるのよ。疲れたとか言うもんなら・・・」

なのでランドやシーから離れているアンバサダーホテルとセレブレーションホテルは選択肢から外れます。

残るはミラコスタとランドホテル。

2週間は毎日ミラコスタの空き室をチェックしてたけどダメでした

編集長

おいおい ホテル ミラコスタ 連泊ってどうやんだよ」

株主ならないとだめなの?って思うぐらい空きがでない。ネットの情報でも「ミラコスタ予約に裏ワザはない」と言われるほどキャンセル狙いでしか泊まれないらしい。

子連れ3連泊 ミラコスタ・・・

もう完全に無理ゲーなんすよね。それでも2週間は空き状況をチェックしてたけど・・・ダメだ全然空かない。というより希望の日時で連泊とか絶対無理。

1泊とかなら全然取れます。でも連泊は無理だった・・・どうしたら良いんだコレ。よくある1日だけミラコスタとかになるんでしょうね。

2016年4月1日から予約時に30,000円の申込金が発生するようになり、予約を取りやすくなったと言われてるけど・・・GW明けのオフシーズンですら・・・連泊は無理でしたね。

ディズニーランドホテルに泊まるメリット

ディズニーランドホテル

編集長

ミラコスタと比べて安い!」

これは嬉しいことですよね。ディズニーランドの目の前にあってセレブレーションホテルの次に新しいのにアンバサダーやミラコスタより安く泊まれる。

それでもオフィシャルホテルと比べて5割以上は高いけど、歩いて帰れるメリットは計り知れない。

ミラコスタは予約が取れないし、今回はディズニーランドホテルに3連泊でいいか。ということでディズニーランドホテルに泊まることにしました。

ディズニーランド正面に泊まれるメリット

ディズニーランドホテル

娘と妻の誕生日だったので、もしかして空いてたらグレードアップなんかしてくれんじゃないのーという淡い期待をしていたんですが、結論から言うとナシでした。チーン。

最初のお部屋は低階層の部屋で泊まってたんですけど、ランドの正面じゃなかったし、全然気分が盛り上がらなかったので一泊2万円ぐらい払って階層を上げました。

ディズニーランドホテルに泊まるなら、絶対にランドの正面ゲートが見える部屋に泊まりましょう。ちなみにお部屋はアルコーヴタイプのお部屋に泊まりました。

大人3人、添い寝2人で宿泊してとても快適でしたよ。

ルームサービスが意外に便利というメリット

ディズニーランドホテル

子連れだとディナーも大変なんですよ。ホテル内のレストランで食事するにも、疲れてるし眠たいしで絶対言うこと聞いてくれない。愚図りだしてたらみんながイライラしちゃうでしょ。

だから夕食はお部屋で食べるのが一番ラクなんです。初日はコンビニでおにぎりとか買ってたんですけど、なんかそれじゃ味気ないってことで、2日目はルームサービスをお願いしました。

ディズニーランドホテル

パスタが1500円ぐらいで、そんなに割高に感じないし、お部屋でゆっくり食べれるのは大きなメリットでしたね。子連れ宿泊ならルームサービスはオススメですよ。

ディズニーランドホテルの朝食を取るメリットは?

ディズニーランドホテル

最終日にディズニーランドホテルの朝食を取りました。でもまぁ正直言ってどっちでも良かったかなーと思います。

ディズニーランドホテル

食事は美味しかったし、キャストの対応も素晴らしかったんですが、子どもたちは30分ぐらいで外に出る出る星人に変身してしまうし(笑)これがシェフ・ミッキーだったら良かったんですけどね。

ただ朝からのんびり美味しいブッフェが楽しめるのは嬉しいですね。

ホテル内のコンビニが便利すぎる

普通のホテルコンビニと変わらず割高で色々売っています。宿泊者は24時間利用できるので便利。

娘はボクと同じく朝が異常に早いんです。初日4時起き、2日目4時起き、3日目5時起き、最終日2時30分起き(オイ!)早起きっていうかこれは不眠だろって思うくらいに早い。

そして起きるや否やエレベーターに迎えと勅命を下すんです。みんなを起こしたらまずいのでボクは半分寝ながら、エレベーターに向かい「扉が閉まりまーす」というミッキーの声を聞いて娘が喜ぶ。というルーティンを毎日やってました。

そんなルーティンを毎日こなすときに助かったのがコンビニでした。カットフルーツや子どもでも安心して食べられるものがいっぱいあったので、普通のホテルにあるコンビニより使い勝手が良かったですねー。

※ロビーでカットフルーツを食べていたら、キャストの方にロビーは飲食禁止ですよって教えてくれました。そりゃそうですよねー。

ディズニー・マーカンタイルは超便利!ホテル内にオフィシャルショップがあるメリット

ディズニー・マーカンタイル・・・超便利でした。東京ディズニーランドホテルにはホテル内にオフィシャルショップがあって、そこで色々買い物できちゃうんです。

セレクトのチョイスも素晴らしくて、結局ここでほとんど見つけちゃうんじゃないのってぐらいいっぱいある。朝8:00から開いてるので、ランドに入場する前にお土産を買っちゃうなんてことができちゃう。

超ステキ。

ビビディ・バビディ・ブティック

3歳から小学6年生の女の子が対象。プリンセスに変身させてくれるステキなショップ。もうマジで・・・なんちゅう心の掴み方なの?ディズニーはほんとに。

絶対やるよね。娘が3歳になったら滞在中毎日するよね。そもそもプリンセスなのに、こんなドレス来てヘアメイクしてもらったら・・・おいおいお父さん死んじゃうよ。

ご予約は1ヶ月前から前日の20:59までできるそうです。コースは三種類。プリンセスフォトが撮れるキャッスルコース一択でしょうよ。

ドレスデザインは6種類から選べます。絶対シンデレラ。もう絶対シンデレラ。今から予約できないの?もう絶対行くから。そこ。ディズニー無しでも行くから。

※ランドホテルに宿泊してなくてもご利用できます。

ハッピー15エントリーのメリット

編集長

ハッピー15エントリーをうまく使えなかったw」

開園15分前に入場できるハッピー15エントリーチケットをもらえるのがディズニーホテル最大の魅力。しかしぼくの勉強不足でうまく使いこなせなかった。

ディズニーシーが8:30に開園ということを知らなくて、ディズニーラインに乗ってシーに向かいました。なんかもう中に入ってるなーと思いながら進んでいるときに、入り口のキャストの方が教えてくれたんです。

というわけで競歩でトイマニのファストパスを取りに行ったんだけど、すでにこの有り様。

ディズニーランドホテル

ディズニーランドホテル

無事にファストパスは取れたんだけど、混雑が少ないこの時期でコレかぁとディズニーの恐ろしさを知りました。

入園したヒトしかファストパスは取れないよ

ハッピー15

これも知らなかったんだけど、ファストパスって入園したヒトしか取れないんだね。考えてみりゃ当たり前だけど、チケットがあれば取れると思ってました。

ディズニーランド

ホテルから開園を眺める図。ぼくは並んでいます。

ディズニーランド

家族はホテルでのんびり朝食を取っていたので、ぼくだけ入園してファストパス取ってくるつもりで行きました。それをファストパスチケットの案内をしているキャストの方に伝えたら・・・とても残念そうに謝ってくれました。

いやいや、キャストのあなたが謝る必要はないです。このアホなアジア系の在日と間違えられるおっさんが悪いんですよ。(ランドとシーで英語で案内されるというお決まりのネタが今回も発動された)

というわけで、ハッピー15エントリーを使えたのにシーは開園時間の勘違い、ランドはおひとり様で入場しちゃって家族分のファストパスが取れないことを学ぶという。

なんちゅーアホなことをやってしまった。みなさんはそういうことのないように、時間を守ってみんなで入場してね(笑)

ランドホテル、ミラコスタに共通する最大のメリットは?

ディズニーシー

これは小さな子どもを連れて旅行をするヒトの全ての夢と言ってもいい。母という強力な助っ人がいたからこそ満喫できた最大のメリット。

子どもを8時に寝かして、夫婦で夜のデートタイム。

邪魔で仕方なかったカメラも置いて二人きりのデートを思いっきり楽しみつつ、人気のアトラクションは待ち時間無しで乗り放題。通りがてらにインディー・ジョーンズ乗ったりねw

インディージョーンズ

閉園時間21:59分までアトラクションに乗れる嬉しさ。キャストの対応も素晴らしいし・・・至福の時間でした。

アラジン

毎日閉園時間まで遊んで、4時に起こされて、最終日は午前2時半に起こされてクタクタになるまで遊んだ。これってディズニーランドホテルじゃないとできなかったよなー。

最終日はエクスプレスチェックアウト

anawidegold

ディズニーホテルに宿泊するときはチェックイン時にクレジットカードを登録することができます。そうすると前述したルームサービスや、お部屋のグレードアップの料金精算が自動でできるようになります。

ということは、帰りにフロントによってチェックアウトする必要がないんですよ。すげー楽チン。

ディズニーランドホテルのデメリット

ディズニーランドホテルのデメリットは・・・うーん特にないですね。まぁ価格にしては部屋が狭いとか設備が大したことないって思いましたけど、ランドホテルの最大のメリットは「近いこと」ですからね。

それを差し引いてデメリットとかないですよ。お子さん連れなら絶対にディズニーランドホテルかミラコスタに泊まっとけ。

まとめ

ディズニーランドホテルに泊まる最大のメリットは、運行バスの混雑や時間を気にしないで歩いてランドに出入りできる点。それにミラコスタと比べて割安なのも魅力。

今回は母という強力な助っ人がいたおかげで、本当に楽しむことができた。

次回からは日中は子どものペースに合わせてのんびり遊んで(子どもは全力で疲れさして)乗りたいアトラクションは子どもが寝てからのマジックタイムに全部乗る!

というプランで行こうと思います。次はミラコスタに1泊か2泊はしたいな。地道にキャンセル待ちを探します。