2016年5月のGW明けから三泊四日で、ディズニーリゾートに遊びに行きました。今回は母の日の感謝を込めて、うちの母も一緒に。(本当は人手が欲しかったため)

家族構成は2歳になったばかりのスイートモンスターである娘。3歳11ヶ月の反抗期まっただ中の息子。そして妻とボクと母の大人3名です。

那覇空港発7:55のANA便で羽田に向かい、リムジンバスでディズニーランドホテルに向かって、その足でそのままディズニーランドに遊ぶというプラン。

ディズニー以外は予定に入れず、3泊ともディズニーランドホテルに泊まり、3Dayパスポートを使ってのんびりディズニーランドとディズニーシーを楽しむというプランでした。

そのプランを遂行するために必要だったグッズ、持っていけば良かったグッズ、必要なかったグッズをまとめて紹介したいと思います。

今回は準備編ということで、現地で揃えるべきものと、事前に持って行くと便利だったなと思うものをまとめました。

ディズニー イースター時期に絶対に持って行くべきグッズリスト

disney

  • 大きめのパスポートケース(ディズニーチケット、航空チケット、ディズニーリゾートライン乗り放題チケット、ホテルのルームキー入れ)
  • JCBカード
  • 大きめのスーツケース
  • バッグインバッグ(普段のマイバッグで可能)
  • 外側ポケットの多いリュック2つ
  • ボディバッグ
  • ポケットサイズのコンデジ
  • ディズニーリゾート本
  • うるおいマスク
  • おしりふき
  • おむつ日数分
  • ベビークリーム(保湿)
  • 疲れない靴
  • 雨ガッパ
  • シャンプー、トリートメント

上記のリストは3月〜5月のイースター時期に必要なものをまとめています。季節や天候によって必要になるものは違いますが、我が家にとって重要度の高いものから並べています。

以下はそれぞれのリストが必用な理由をまとめています。

パスケース

パスポートケース

家族旅行はそれぞれ必用なチケットを用意しないといけないので、かさばりますよね。全部が全部 iPhone や スマホ に取り込めればいいんですが、航空券ぐらいしか取り込めません。

チケット

ディズニーチケットはeチケットで取得したけど、パーク内でファストパスを取るときに毎回必要になるし、リゾートラインの乗り放題カード、ホテルのルームカードも人数分必要です。

小さなお子さんを連れての旅になると、それぞれが管理するのは不可能。絶対にホテルに忘れたりします。そのときは一つのパスケースにまとめていきましょう。

パスケース

すごい役に立つ。というかコレがないと子連れディズニーは成立しないwぜひ手に入れましょう。

なぜ14万マイルも溜まってるの?JCBカードを持つメリット

anawidegold

ぼくは必要経費を全て ANA JCBワイドゴールドカード で決済しています。

ANA JCBワイドゴールドカードは年間決済額が300万円以上になると、25%の OkiDokiポイント 上乗せが付くので、マイル変換率もかなりお得になります。

※オリジナルシリーズは同じ条件で60%のポイント上乗せになる!恐ろしや。

JCBはディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーでもあるので、ディズニーリゾートのお得なチケットやキャンペーンが豊富です。

まぁでもだからってJCBカードをおすすめするわけじゃなくて、日々の生活からマイルを貯めてディズニーに行ってるので・・・あっそういやハワイもそうだったな。基本的に航空券はマイルでしか買ってないな。

日々生活に使う決済をクレジットカードにするだけで、マイルが貯まっていくのでクレジットカードを使うのはオススメですね。

マイルの落とし穴とスカイコインの便利度

今回大人3名分をスカイコインで購入しました。マイルに換算すると14万マイルぐらい溜まっていたと思います。マイルのほうが特典航空券とかお得なレートで交換できます。

ただ、ANAのマイルは特典航空券枠が限られていて、お得に航空チケットが取れるんですけど・・・不利な条件でしか取得できないんですよね。例えば日数をまとめて取れなかったり、なんか変な制限が多い。

スカイコインの場合は現金と同じ条件でチケットの予約やツアー予約が可能なので、変換率が悪くても断然こっちのほうがストレスがありません。

また5万マイル以上からは、カードの種類によって1.2倍〜1.7倍の変換率でマイルからスカイコインに変換できるので、ANAルールの中ではお得に変換できます。ワイドゴールドは1.6倍だったと思う。

そして、大人3名、3歳児の航空チケットとホテルをスカイコインで予約しました。

サムソナイトの大きめスーツケース

スーツケース

子連れ旅行のスーツケース選びの基本は「大は小を兼ねる」です。大きめのスーツケースを持って行くことをオススメします。

ボクは海外サーフトリッパーだったのでスーツケースには結構こだわりがあります。安くて軽くて沢山入って耐久性が高い。なによりキャスター部分が壊れにくいものを選びます。

そのなかでもサムソナイトのスーツケースはコスパが高いのでオススメ。今回は3泊4日と短い旅行だったので、小さなスーツケースを持って行こうかと妻と相談しましたが・・・ボクの独断で大きいスーツケースを持っていくことにしました。

容量でいうと96L。3歳の息子、2歳の娘、夫婦の3泊4日であれば片側で余裕で入ってしまう大きさ。

スーツケースは「大は小を兼ねる」。持って行くなら小さくても荷物は荷物。だったら大きい方を持っていくのが正解です。

スーツケースの選び方について書いた記事はコチラ:子連れ旅行 スーツケースの正しい選び方 4つのポイント

バッグインバッグ

バッグインバッグ

スーツケースのパッケージに使います。オススメの使い方は「一日目、二日目、三日目」と予めその日に付けるものをバッグにくるんでスーツケースに入れるパターン。今回は妻の要望もあって「お父さん、お母さん、息子、娘」と家族の人数でマイバッグに詰めていきました。

バッグインバッグ

こうすることでスーツケースを開いたときに荷物が散乱しないし、だれの服がどこにあるか迷わずに済みます。

また帰る時も洗濯物と付けなかったものを分けてバッグに分別できるので、とても便利です。バッグインバッグ用の入れ物を買ってもいいですが、小さいんですよね。

普段使っているマイバッグは容量が大きいので、用意したい分だけ入れることができます。容量が余ったらクルッとまるめるだけでコンパクトになるのでバッグインバッグ用のバッグよりもかさ張りません。

スーツケース

外側ポケットが多いバックパック2つ

BackPack

まだおむつの取れていない娘のために、予備のおむつとおしりふきを常に持ち歩く必要もあるし、着替えも必要です。

疲れた時の水分補給や、雨が降った時のかっぱ、途中のショップで気に入ったお土産など・・・必要な物が多すぎて一つのリュックじゃ間に合わず、結局ベビーカーを2つ借りて対応しましたね。

大きなリュックを一つ持つより、夫婦で分担して小さめリュックを1つずつ持ち歩くほうが良かったと反省しました。

誤算だったのが・・・ミラーレスカメラです。もう死ぬほど邪魔でしたねー。かばんに入れるにしても重くなるし、首からかけてもかさばるし・・・散々でした。

やっぱり子連れ旅行にレンズ交換型のカメラは必要ないです。

ポーターのウエストバッグ

ポーター

リュックの最大のデメリットは荷物の出し入れにあります。いちいち前に持ってこないと中身を確認できないし、その動作範囲も大きく不便ですよね。

前述したパスケースや財布、スマホやガイドブック等は頻繁に使うので、そういったものを瞬時に出し入れできるボディバッグが超便利です。

ポーターのタンカーバッグ・・・一体いつから使ってるか分からないけど、便利すぎて3代目か4代目です。

二度と一眼カメラは持って行かないと決めたカメラブロガー

一眼

画質?そんなんどうでもいいです。子連れ旅行に一眼カメラは邪魔でしかなかった。今回用意したカメラは Panasonic LUMIX G7 + 28-280mm 高倍率ズームレンズ という組み合わせ。

APS-Cやフルサイズセンサー搭載のデジタル一眼レフと比べれば小型軽量のマイクロフォーサーズ機です。

それでも邪魔でしかなかった。ネットの情報を鵜呑みにしてショーのために高倍率ズームとミラーレスを持って行った自分がアホでした。

次からは絶対コンデジ持っていくと心に決めましたね。ディズニー子連れ旅行はポケットサイズのコンデジがおすすめです。

日本一売れている子連れディズニーランドとディズニーシー本

ディズニー本

日本一売れているシリーズのディズニリゾートガイドブックは必需品です。ディズニーランドとディズニーシーの2つをまとめているガイドブックもあるけど、個人的には2つ分けるのがおすすめ。

ランドに行くときはランドの。シーの時はシーの。

という感じで分けることができるので、情報を探す時間が短くなります。どちらの本もシリーズ化されていたんだけど、あえて違うシリーズを選びました。

子連れ用のガイドブック。一般用のガイドブック。どっちも一長一短があるので、どちらがオススメとは言えないけど、別シリーズを選んだおかげで、子連れ視点、大人視点の遊び方が分かったので助かりました。

飛行機で必要!うるおいマスクやベビークリーム

妻はティッシュを濡らして鼻に突っ込んでいました(笑)するとCAが「大丈夫ですか?鼻血ですか?」と心配しちゃって、マスクとおしぼりを持ってきてくれました。

その対応に妻は感動して「ANAはさすがだな」と鼻にティッシュを突っ込んだまま感動してましたよ。

ということで乾燥対策にうるおいマスクとベビークリームは必須だなと。次からは妻と、自分のためにも絶対濡れマスク持っていきます。

お尻拭きは水99.9%のものをオススメします。お子さんの肌のこともありますが、それよりも日常的にお手拭きやお顔拭きに使えるからです。

なんか余計な成分とか入ってると、顔には使いたくないしね。そういうの妻が細かいんですよ。

おむつ日数分は当たり前ですね。現地で買えばいいやーって思ってたけど、持って行って正解でした。買う時間なかったもんな。これは大きめスーツケースがあれば気にせず持っていけるのでスーツケース次第です。

日焼け止め

言わずもがなお子さんのためにも、大人のためにも必要ですね。3月〜6月のイースター時期とはいえ紫外線は強い。我が家が滞在した3日間は曇りと雨だったんだけど、ぼくは普通に日焼けしちゃいました。

サーファーで地黒なボクですら日焼けしたので日焼け止めは絶対に必要。

サーファーのボクがおすすめする日焼け止めは、オーガニックで肌に優しいUVナチュラルかパックスベビーです。以前紫外線の恐ろしさについて記事にしました。

日焼け止めの記事:本当に恐ろしすぎる紫外線 12項目

疲れない靴、雨ガッパ

ビルケンシュトックのシューズでしたが・・・全然疲れましたね。妻も毎日足がむくんでパンパンでした。一日中歩くようなシチュエーション+子どもの抱っこ+重い荷物(一眼とか)は足にきます。オシャレも大事だけど、ディズニリゾートはアクティビティと考えて、次からは疲れない靴を選んでいこうと思います。

4日間滞在して3日間は雨でした(笑)。

全然楽しかったからいいんだけど、雨ガッパも持っていけばよかったなと思います。このことについては、また別記事で「ディズニーで買うべきものリスト」をまとめるので、そちらで紹介します。なるべく節約したい場合はディズニーリゾート内で買わずに持っていくのがベストでしょう。

シャンプーとトリートメント

アジュバン

ディズニーランドホテル客室のシャンプーには、あまりよくない成分が入っていたので、携帯用シャンプーとトリートメントを持って行って正解でした。

やっぱり子どもたちの皮膚とか考えると、普段から気をつけて使っているものを持って行ったほうがいいですからね。

まとめ

disney

初めての子連れディズニーでしたけど完全にナメてましたねー。

やっぱり子どもが一人と二人では大違い。正直言って大変でした。それでも子どもたちの喜ぶ姿を、母にも見せられて親孝行にもなったので良かったです。

最高の四日間だったけど、色々と反省するところも多く次回のディズニーではしっかり対策をして、もっともっと楽しめるようにしていきます。