Amazon セール 詐欺・悪徳業者を省いて検索する方法

年に数回開催される Amazon のセール。筆者もカメラ関連グッズをこのセールに合わせて購入することが多いです。

しかし、2022年時点のAmazonは中華圏の詐欺・悪徳業者が非常に多く、サクラレビューの問題もあって、なかなか欲しい製品にたどり着かないことも多くなってきました。

私自身も過去にハピカムという誇大広告のカメラを購入しています。

HappiCAMUをAmazonに返品した話

このような形で Amazon は詐欺や悪徳業者も多く、特にご年配の方がこうした悪徳業者の商品を買ってしまい、トラブルになるケースが増えています。

私の父も何度か悪徳商品を購入してしまったと嘆いていました。

本記事では、自分の両親に教えるつもりで Amazon のお買い物の知っておきたいテクニックを紹介しています。

Amazon セール会場のページ

Amazon 中国・中華業者を外すコマンド【パソコン検索】

&emi=AN1VRQENFRJN5

↑のコマンドを Amazon 商品検索画面の末尾に追加することで、中国・中華業者を検索結果から外すことができます。

コマンドの使い方

&emi=AN1VRQENFRJN5

  1. パソコン版(ブラウザ版)のAmazonを開く
  2. Amazon で好きなキーワードを検索する
  3. &emi=AN1VRQENFRJN5 をコピーする
  4. 検索結果のURL末尾に【&emi=AN1VRQENFRJN5】を付け足して検索
  5. 中国・中華業者が検索結果に表示されなくなる

以下は「キッズカメラ」というキーワードで通常検索してみた結果です。

Amazon で通常検索した結果

では次に中国業者を省いた検索結果を表示させてみましょう。

Amazon 検索画面の上部(ブラウザで違う)にURLを打ち込む場所があります。その場所のURLの末尾に先ほどコピーした「&emi=AN1VRQENFRJN5」を貼り付けてエンターキーを押して再検索してみましょう。

Amazon 中華業者
中華業者を省いた検索結果が表示されます

これで多少は悪徳・詐欺業者の商品を買ってしまうリスクを小さくすることができます。

次はスマホアプリのバージョンを見てみましょう。

スマホで悪徳・詐欺業者を省く方法

Amazon スマホアプリでは手順が異なります。やり方は以下の通りです。

  • Amazonのスマホアプリを立ち上げる
  • 好きなキーワードで検索する
  • 絞り込みをタップ
  • カテゴリーを一つ選ぶ
  • 出品者を「Amazon.co.jp」にする(選べない場合もある)

以下はサンプルとして「カメラストラップ」で検索をしています。

このやり方でスマホアプリは中国業者を外すことができます。ただし、アプリ版はあくまでも出品者を絞っているだけなので、正規のメーカーさんも省くことになってしまいますので、あまり効率の良いやり方とは言えません。

出来るなら、ブラウザ版やパソコン画面から「&emi=AN1VRQENFRJN5」を使用するのがオススメです。

Amazon セール会場のページ

全てが悪徳業者ではない

中国業者の全てが悪徳や詐欺業者ではありません。Amazon.co.jpには正当な商売をされている中華圏のメーカー、販売業者も出品されています。

しかし、サクラレビューや詐欺商品を送られてくるケースが多くなっているため、苦肉の策としてこのようなコマンドが生まれています。

中国業者以外からお買い物をしたい!という方は使ってくださいね。

Amazon 返品のやり方

Amazonは詐欺商品、不良品、悪徳業者から買ってしまったものなど、返品に応じてくれます。なので間違って購入してしまった場合は Amazon のサポートに連絡してみましょう。

Amazon 返品のやり方

  • この記事を書いた人

比嘉研仁(ヒガシーサー)

ヒガシーサーとヒガゴーヤーならどっち?と迫られて「シーサーでお願いします」という流れでシーサーになりました。 【書籍】ブログで簡単!アフィリエイト 稼ぐ力をつけるための教科書(4刷)