一眼カメラに負けない iPhone ひねくれ写真講座 スタートします。ちなみに海外ではiPhoneで写真を撮る人を「iPhographer」と呼んだりしています。かっちょいいすね。

「えっカメラ?スマホで十分っしょ!」

というわけで、今回からかなり気合を入れて(カテゴリーまで作って)iPhone/スマホの写真術を紹介していきますね。

iPhone/スマホ ひねくれ写真術

ヒガ 「最近うんざりするんだよね。やれ一眼レフだ高級レンズだって空気。ウェブでしか使わない程度なのに、なんでみんな一眼使う必要があるんだろ?どんなカメラでも良い写真が撮れな」

妻 「・・・そっそうね、一言で言うなら性格がひねくれてるよね。だから『ひねくれ写真術』なんて言っちゃってるのよね。ひねくれてる割にはなんのひねりもないけどね」

ヒガ 「おひねりください」

という感じでスタートしていきます。iPhone ひねくれ写真術のファーストステップはこちらです。

  • 難しい写真は撮らない載せない頑張らない。
  • 写真は引き算。撮るべき対象をひとつに絞ろう
  • うぬぼれ逆光を使いこなせ!
  • ブログ写真はとにかく露出を上げとけ!
  • iPhoegrapherは縦構図と正方形写真が使いこなす
  • 白いものはより白く。黒いものはしっとりと。おまいらタッチフォーカスの価値分かってる?
  • 光が足りない?スマホ2台でプロレベルのライティング
  • スマホライトが強すぎる?必殺ティッシュディフューザー(ヨスさん考案)
  • 寄ってボカしてまだやるの?中央で撮ってトリミングすべし
  • 色かぶりの原因は紫外線、立ち位置を変えて撮るべし
  • お店写真を撮るなら席よりも光を探せ!意地でも窓際を攻めるメリット
  • 子供はとにかく上を見せろ!光を見せろ!アイキャッチライトさえあれば全部かわいい
  • 構図とかいいから視点を変えよう。
  • 補正は絶対ですから!写真アプリでササッとキレイにするテクニック

今回は「ハダカのiPhone」でできることをまとめていきます。

ヒガ「記事で使われてるほとんどの写真は iPhone 4s で撮っています。ティッシュディフューザーの部分は一眼カメラを使っていますが、ソレ以外は全て iPhone で撮影されています」

撮らない勇気。ハダカのiPhoneで暗い場所とか無理すんなって

iphone4s

カメラ初心者さん 「iPhoneで夜景とか室内写真をキレイに撮りたいです」

ヒガ 「ハダカのiPhoneでは無理です。撮っても失敗するので諦めましょう」

ハダカのiPhoneとは、三脚やストロボなどを使わず、生まれたままの iPhone で撮影するということです。そもそもスマホカメラは暗い場所での撮影が苦手。

大体ブレます。

ブレの原因はシャッタースピードが遅いことにあります。あなたのせいではありません。シャッターが遅いと感じるのは、じつはカメラの中に光を十分取り込めない仕組みになっているからなんです。

初心者さん 「シャッターが遅いとブレます」

ヒガ 「それも光を取り込めてないから起こる現象だよ」

頑張れば撮れることもありますが、基本的にぼくは暗い場所ではiPhoneで撮りません。

iphone

どうせ手ブレるし、ISO感度上げてもイマイチなんですよね。ブログでは使わないなー。

ヒガ 「撮らない勇気」

撮らない勇気を持ちましょう。

写真は引き算!撮りたいと思うものをひとつに絞ろう

fujifilm x70

初心者さん 「カフェとかレストランに行くと、美味しい料理、お店の雰囲気などいっぱい写したいんですが、なんか写真がうまくいかないんです」

レストランに行くと、お店の雰囲気や料理など撮りたいものがいっぱいありますよね。その撮りたいものを一つに納めるんではなくて、一つ一つ分けて撮りましょう。

写真は引き算と言われていますが、撮りたいものだけを撮るのが基本です。例えば料理にしてもテーブル全体を写すより、一つの料理を撮影したほうがキレイになります。

また、一眼レフでは背景をキレイにするという理由で「ボカす」表現をよく使います。あの背景ボケは「引き算」するために使うこともあるんですよね。iPhoneやスマホではボケは表現できないので、物理的に背景をキレイにする必要があります。

ヒガ 「背景を壁にするとか、余計なものを写さないようにするとかね」

ちなみにコレは背景をキレイにしたミラーショット。鏡に写った自分を撮影するものでセレブがよく使いますね。

#ヒガシーサー #higashisa #フォトブロガーズ #iphone4s #okinawa #ミラーショット #mirrorselfie

フォトブロガーズ(男のミラーレス部higashisa)さん(@higashisacom)が投稿した写真 –

手に持った iPhone4s で撮りました。ちなみにトイレです(笑)

背景がキレイだとこういう写真もかんたんに撮れます。横目なのは誰か来ないかを気にしているからですw

うぬぼれ逆光って?スマホ写真の基本は逆光、サイド光で攻めとけ!

iphone

妻 「料理とかケーキとか美味しく写したいんだけど、iPhonで上手く撮る方法ないの?」

ヒガ 「料理に当たる光を工夫したらキレイに撮れるよ。逆光や横からの自然光がおすすめ」

iphone
上の写真は室内ですが、照明の位置を考えることでシズル感や立体感を出しています。

まず基本というか、iPhone撮影では大前提として「自然光」を「逆光(半逆光)」で撮るというだけを覚えておいてください。これだけ知っていれば、ほとんどの物撮りで失敗しません。

妻 「物撮り?ブツ撮り?」

ヒガ 「料理とか動かないものを撮ったりするときに使う専門用語だよ。分かりにくいよね」

iPhoneで料理写真をいい感じに撮るのは難しいです。コレができれば自慢していいレベルだと思います。

スマホの露出ってどうやんの?明るくしとけば大抵オッケー

初心者さん 「なんかいつも暗い写真になっちゃうんですよね」

ヒガ 「iPhoneだったら画面とタッチ&スライドすることで露出を上げることができるよ」

初心者さん 「露出?」

ヒガ 「写真を明るくしたり、暗くしたりすることを露出補正と言うんだ。厳密に言うともっと細かい説明が必要だけど、ブログで使う写真の適正露出は明るめが正解。だからとりあえず明るくしておけば大抵はオッケー」

iPhoneの場合は写真アプリで露出を上げることができます。こちらの動画が分かりやすいです。(ちなみにボクではないですよ。爪はいつも短くしてるんで!)

なにかを印象的に紹介したい場合は、露出を下げることも効果的ですが、ブログやSNSで使う写真は基本的に明るいほうがいいですね。

iphone

暗い写真よりも、

iphone

明るい写真の方がいい。

2015-06-25 06-06-49

暗い写真よりも、

iphone

明るい写真のほうがいい。

露出は使い分けるといいね

質感を表現したいときは露出を下げるのもアリです。

x70

こっちのほうがカッコいいよね。

fujifilm x70

マジックアワーはスペック差を消してくれる魔法の時間

#sunrise #朝日

フォトブロガーズ(男のミラーレス部higashisa)さん(@higashisacom)が投稿した写真 –

朝焼け、夕焼けの時間帯はマジックアワーと言われています。その理由は陽の光が柔らかく世界を美しく表現できるから。ぼくもよく朝の時間にビーチを散歩しますが、こんな写真が撮れます。

iphone

息子は波紋を会得しています。

iphone

マジックアワーは人物撮影にも向いてます。ここでも逆光やサイド光をうまく使えば髪の毛に光が透けてキレイに写せたりするんですよね。

#iPhone #beach #okinawa

フォトブロガーズ(男のミラーレス部higashisa)さん(@higashisacom)が投稿した写真 –

もうこの時間に生きていたい。

海外iPhographerは縦構図とスクエア写真を使いこなす

iphone

通常の横写真。スマホで見ると分かりやすいです。

妻 「これなに?」

ヒガ 「どー見てもトーマスでしょ。「1」って書かれてるし!これがトーマスじゃなかったらなにがトーマスなんだ」

妻 「こわっ。絶対奇行種ねこのトーマスは」

話を戻しましょう。これはトーマスです。

妻 「なんかiPhoneでブログとか読んでると、みんな写真が小さいのよね」

ヒガ 「iPhoneの縦写真や正方形の写真は大きく表示されるよ」

iphone

これが縦構図。スマホで見た時の情報量が違いますね。もう時代は変わってます。みんなブログやSNSはスマホやiPhoneで見るでしょう。ぼくのブログの読者さんもスマホ5割、タブレット1割なので6割以上の人がスマホやタブレットから見てるんですよね。

時代は変わってるんだから、写真も縦構図やスクエア写真を試すといいかもよ。

白いものはより白く。黒いものはしっとりと。おまいらタッチフォーカスの価値分かってる?

スペックゾンビ 「カメラはマニュアルフォーカスしか使わんな。それか中央一点しか使わんな。タッチフォーカス?そんなの使ってるから失敗するんだよ」

ヒガ 「すげぇ。まだそんなこという人いるのか。タッチフォーカス絶対使ったことないだろ。そもそもiPhoneの話だっつーの」

というのは実際に僕が頂いたメッセージだったりするんですけどねw

スマホやiPhoneのタッチフォーカスはとても便利ですよね。中央一点、ゾーンAFなどの専門用語が分からなくても、指一本でピントを合わせる場所を調整できます。

iPhoneの場合、タッチフォーカスでピントを合わせると、そのタッチした場所に合わせて写真を調節するようにできています。

ヒガ 「白いところをタッチすると、写真は暗くなって、黒いところをタッチすると写真は明るくなる。これはカメラが失敗写真を撮らないように自動で補正してるんです。」

その機能を理解して使うと写真を明るくしたり、暗くしたり、タッチフォーカスでコントロールすることができます。こちらの動画がとても分かりやすいですよ。

松岡さん、超ナイスな動画です!

光が足りない?スマホ2台使いは有名インスタグラマーも使ってるよ

2本目はSeventeen こんな婆キャマたんが出てすいません謝 #seventeen #セブンティーン #みよきんぐ

GENKING OFFICIALさん(@_genking_)が投稿した写真 –

instagram有名人のGENKINGさんも「一台のiPhoneはライティングに使っている」とネットニュースで見ました。

以前、香川県プロブロガー『ヨスさん』が運営するヨッセンスクールで写真講座をさせて頂いたときに、ライティングの実践テクニックを見せましたが、皆さん驚いてくれてたのでビックリしました。ふつうのコトだと思ってたんだけど違うようですね。

ヒガ 「写真はカメラじゃなくて光で決まる。だからコントロールできる光は多いほうがいいんです」

ボクの使い方は、例えばショートケーキのイチゴをテカらせたい(シズル感)ときに使ったりします。

ティッシュディフューザーがかなり使える!

iphone

初心者さん 「スマホの光って強すぎない?」

iPhone2台持ちだったり、片手にデジカメ、片手にiPhoneがあると、iPhoneがライティング機材に早変わりします。

スマホの光を直接当てちゃうと、ちょっと強すぎないかという話があって、どうしたらいいかをあれこれ試してました。ぼくは離れたりすると良いですよーって言ってたんですが、もっと効果的な解決方法があったんです。

ティッシュを使う。

iphone

ティッシュを使うと、かなりいい感じに光を拡散してくれます。このテクニックはカメラマンがよく使います。「拡散するためのグッズ」のことを「ディフューザー」と言います。

妻 「アロマにもありそうね」

ヒガ 「アロマディフューザーね」

じつはこのティッシュディフューザーを教えてくれた方は、香川県のプロブロガー「ヨスさん」です。

iPhone ティッシュディフューザー

ライト無しの写真。
iphone

ライト有りの写真。
iphone

ティッシュディフューザー有りの写真。
iphone

iPhoneライトのみ
iphone

ティッシュディフューザー
iphone

上からのiPhoneライト
iphone

上からのティッシュディフューザー
iphone

※ティッシュディフューザーの一連写真は一眼レフを使っています。

このレベルのライティングができれば、かなりいろんな写真に使えますね。iPhone2台持ちユーザーや、デジカメユーザーはiPhoneライトを使いこなしましょう。

ペットボトルキャップも使えます

ペットボトル

ペットボトルキャップもディフューザー代わりに使えます。光を拡散してくれるので、いい感じに光量を増やしてくれるので、私もちょくちょく使っています。

寄ってボカして・・・まだやるの?中央で撮ってトリミングすべし

iphone

多くのスマホは一眼カメラで言うところの準広角レンズを採用しています。28-30mm前後のレンズですね。※iPhone4sは35mm。

妻 「準広角?28-30mm前後のレンズ?」

ヒガ 「一眼カメラでは日常のシーンを切り取ったり、風景に使うような焦点距離。本当は人物を撮影したり、料理を撮影したりするのに向いてるとは言えません」

でも、iPhoneの登場で世界が変わった。多くの人がすべての写真を28mmで撮るようになり、現代では28mm前後が標準レンズじゃないの?とまで言われています。

本来はこういう写真に向いてる焦点距離なんです(妻がiphone6s撮影後、スクエアに切り取ってinstagramに投稿した写真)

iphone

まぁそういうことなので、なんでもかんでも28mm前後の準広角で撮るようになってしまいました。それのなにがイケてないか?

妻 「寄って撮ると歪むのよね。美味しそうな料理やケーキが変な感じになる。いくらボケると言っても、ただ寄ればいいってもんじゃないかも」

「料理写真は寄れ」みたいな空気がありますよね。まぁそれも悪くないんですけど、なぜ寄るかっていうと写真を引き算するために寄るんですよ。

でもiPhoneのような準広角レンズで寄ると、たしかに余計なものは写らないんですけど、料理が歪んじゃうんですよね。

iphone

なんかビヨーンて中心から外側に伸びてるでしょ。

iphone

実は脳みそって食物に対するセンサーがめちゃめちゃ敏感で、食べ物を美味しそうに感じるためには、違和感のない写真が大切なんです。

ヒガ 「見たままの形、色を表現すると、なぜか食べたくなっちゃう。でもなんかちゃう感が出ると途端に食べる気が失せちゃうもの」

iPhoneは引いて撮れ

お料理を美味しく撮るためには、寄るんじゃなくて引いて撮ります。こんな感じ。

iphone

初心者さん「なんか余計なものが映りまくってますけど・・・」

ヒガ「だからトリミング(切り取る)んです」

iphone

妻 「これは美味しそう!」

ヒガ 「光の向きや食材の色がキレイに出てるね。歪んでもいないし、これは美味しそう。それに撮られたお店も嬉しいと思うはず」

カメラって実は中央部分が一番キレイに写せます。ピント合わせの精度、写真の解像も中央が一番きれいです。引いて中央で撮ってトリミングすると良い写真になります。

iphone

※写真はiPhone4sです。トリミングしても荒れてませんね。

色かぶりの原因は紫外線などの可視光線だった。色かぶり補正機能を使おう

オンライン写真講座の中で青かぶりの写真になっちゃうお話がありました。そのときちゃんと説明できなかったので、簡単に説明します。

色かぶりはどんなカメラでも起こります。青、赤、黄色。いろんな色かぶりがあります。

普通は撮影時に適切なホワイトバランスを設定することで防ぐことができますが、ぶっちゃけ面倒なのでiPhoneで撮影するときはほぼオートです。じゃあどうするかというと、あとからアプリで補正したりホワイトバランスを調節します。

妻 「ホワイトバランスってなに?」

ヒガ 「ホワイトバランスは太陽光、蛍光灯、電球色など設定で変えることができるもの。でも大抵はオートで大丈夫だから、気にしなくていいよ」

それらの方法を試しても色かぶりの現象が起きたら、場所を変えて撮影すると改善することもあります。光の向きやカメラの露出計算を物理的に変えるですね。

初心者さん 「うーんよく分からないなぁ」

ヒガ 「良いんですソレで。分からなくていいんです」

それでもうまくいかないときは、iPhoneの純正写真アプリにある「色かぶり」を調節することでも、多少軽減することができます。

こうした方法を試してもうまくいかない場合は「撮らない勇気」を発動させてください。時間の無駄です。無理なものは無理w

お店写真を撮るなら席よりも光を探せ!

妻 「どの席にする?」

ヒガ 「絶対窓際じゃー!!」

というのが我が家の定番です。理由は前述したとおり。自然光の逆光やサイド光がないときは、iPhoneで撮るのを諦めます。

子どもはとにかく上を見せろ!光を見せろ!アイキャッチライトさえあれば大抵かわいい

iphone

妻 「iPhoneで撮ると、みんな目が黒黒でのぺっとしてて怖い」

ヒガ 「分かる!瞳がキレイに写ってないよね。表情が死んでてゾンビみたい」

人物の撮影には、必ず目に光が入るようにアイキャッチライトを入れます。

黒目写真。
iphone

光を見てもらった写真。
iphone

これは見る方向に照明や大きな自然光入る窓があれば誰でもできます。ただ座ってるだけでもこんなに違う。

iphone

お子さんの写真をiPhoneで撮る場合は、天井の照明をなんとなく見てもらったり、大きな窓を見てもらって撮影するといい感じに目のキラキラを表現してくれます。

構図とか考えるより視点を考えよう

三分割法、レイルマン、日の丸構図、三角構図・・・etc。

ヒガ 「そんなん考える必要ないです。それよりもどんな目線で写真を撮るか考えようよ」

iphone

妻 「普通ね」

普通に立って写真を撮ったらこうなる。まぁコレでもいいんだけど、滑り台の楽しさを伝えたいので、こうしてみます。

iphone

妻 「楽しそう!」

この写真はiPhoneを芝生に置いて撮影しました。そのため芝生がいい感じに前ボケになってるし、滑り終わった時の躍動感が出てますね。あと息子もニヤニヤしてるのは、きっとお父さんが芝生に這いつくばっているからだと思う。

結果的に三角構図や対角線構図になっていますが、そんなこといちいち考えてる暇ないです。

目線を変えて撮った結果、構図的にも良かったってなるのが一番いいと思いますね。

補正は大前提!スマホ写真は撮って出しで使えるほど甘くない

初心者さん 「なんかもっと簡単に良い写真にする方法ないですか?」

ヒガ 「iPhoneの写真アプリで自動補正を使うと綺麗になるよ。ぶっちゃけソレやるだけでも100倍違うね」

いままで色々説明してきたけど、ぶっちゃけコレが一番効果高いです。というか最低限コレだけでもやっとけば大抵問題ない。

補正前の写真。

iphone

補正後の写真。

iphone

自動補正のやり方

iphone

iphone

iphone

これだけで明るくなって見やすくなりました。

自動補正はうまくいかないこともあります。

初心者さん 「最初から教えろや!この時点で7000文字超えてるぞ!」

ヒガ 「サーセン」

まとめ

はい、というわけで長らくお待たせしましたが記事完成しました。今後も「iPhone写真で役立つアクセサリー」「iPhone写真術」などバンバン公開していくので、よろしくお願いします。

妻 「なんか最後の方は強引にまとめに入った感があるけど、とりあえず勉強になりました。」

  • 難しい写真は撮らない。
  • 基本は逆光。
  • 自動補正を使う
  • 写真は引き算。
  • 中央で撮ってトリミングする。

これだけ覚えて実践すれば、スマホやiPhoneでもキレイな写真が撮れるようになりますよ。きっと。さぁみんなで一眼を超えよう!