フォトブック

剥がして貼れるフォトブック「シールスタンド」を作ってみた

投稿日:

また新しいフォトブックを作ってみました。今回は撮った写真をシールにして好きな場所に付けたり剥がしたりできる「シールスタンド」の使用感をレビューしていきます。今回もマイブックライフさんよりクーポンのご提供を頂いて、家族の思い出をフォトブックにしてみました。

では早速レビューしていきますねー。

シールスタンドってなに?

マイブックライフ
文字通りシールとして貼れる写真です。でもプリクラやシールと違うのはシールを剥がした台紙のほうに写真もプリントされてることですね。これは結構嬉しいです。シールとして子どもたちに好きに遊んでもらっても、フォトブックの台紙のほうにはちゃんと高品質な写真が印刷されているので、大事な思い出は普通のフォトブックとして残せます。シールはシールで色々なところに貼ったり剥がしたりできるので、例えばうちの場合は妻の実家の冷蔵庫に貼ったりとか、そういう使い方をしていますね。

色んな使い方ができる

シールスタンド
私がいいなと思ったのはシールスタンドで作った写真を、日記や旅行メモ帳などに思い出として貼れること。子どもたちの成長日記や母子手帳に貼るのもいいですよね。兄妹がいる子どもたちに名前シール代わりに使うことも出来ます。例えばお手紙に貼ったりも出来るし、スマホに貼ってもいいかもしれない。ほんとにアイデアは無限大な感じ。筆者はそういうセンスがゼロなので申し訳ないですが、ぜひいいアイデアがあれば教えてください。

画質や価格は?

画質はさすがのマイブックさんなので心配はないですが、価格は1冊3,000円と少し高め。これはシールという特殊な使用用途の部分と高級感のあるハードケースの製本代という感じですね。今回私はシンプル多カット(表紙1枚+シール28枚)のプランを注文しました。色んな用途に使えるシールですが、実際に使用してみて思ったのは少カット(表紙1枚+シール17枚)でも良かったかな。シール28枚は家族の思い出用としては少し小さかったかも。他の使用用途でシールを作ってみるのはいいかもしれませんね。その部分は人それぞれ使い方があるでしょう。

まとめ

シールスタンド
家族にプレゼントする名目で作ってみるのはいいと思います。とくにおじいちゃんやおばあちゃんの使っている携帯、ペンケース、タブレットなどに貼れるのは嬉しい。そういうシールの使い方って喜ばれたりするんですよね。子どもたちも自分たちの写真シールが使われてたら嬉しくなるでしょう。あとは子どもたちが部屋の壁に貼り付けても簡単に剥がせるところもいいですね。ウチは賃貸なので退去時にキレイに返したい(笑)そんな切実な思いも反映できます。シールスタンドは使い方によっては唯一無二のフォトブックサービスなので、試しに作ってみてはいかがでしょうか?特にお孫さんのシールはおじいちゃん、おばあちゃんにとっても喜ばれますよ。

-フォトブック
-

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.